熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」イベントレポート(2020年 その1)「熱中症ゼロへ」イベントレポート(2020年)

「熱中症ゼロへ」イベントレポート(2020年)

#熱中症ゼロへ2020キャンペーン

2020年7月27日(月)~8月24日(月)、熱中症の危険度、注目度が特に高くなる7月・8月に、自分自身の周りの人に熱中症を予防するための具体的なアクションを伝えていただくことを目的として、「熱中症ゼロへ」プロジェクトの公式Twitterアカウントのフォロー&啓発投稿によるTwitterキャンペーンを実施しました。

SNSキャンペーンは「熱中症ゼロへ」プロジェクト初の試みでしたが、2,000件以上のご応募をいただいたうえ、関連投稿も10,000件以上に及び、多くの皆様に熱中症の予防・対策を広めていただきました。

キャンペーンの一部をご紹介いたします。

4つの具体的な熱中症予防アクション

予防アクションに連動した4つの応募コースをTwitterに投稿することで熱中症予防を呼び掛けていただきました。お互いに声を掛け合い、周りの人が気にかけることも、熱中症の予防・対策につながります。
アクション毎のハッシュタグと下記のバナー画像投稿を応募条件にしていたため、多くの方に具体的なアクションと抽選で当たるプロジェクトオフィシャルパートナーの暑さ対策グッズをセットで見ていただくことができました。

Aコース:冷却グッズを身につけよう

Bコース:室内でも屋外でも気をつけよう

Cコース:塩分をほどよく取ろう

Dコース:周りの人が気にかけよう

オフィシャルパートナーの暑さ対策グッズをプレゼント! 

キャンペーン賞品はオフィシャルパートナーより提供されています。
合計15種の賞品は様々なシーンで利用できることから、幅広い年代の方に応募いただき、またA~Cコースはどの賞品が当たるかわからないというランダム性が、当選後も「これだったら、こんな風に使いたい」という熱中症対策に関する投稿を呼び、盛り上がりを見せていました。

初めてのSNSキャンペーンは想定以上の応募と拡散があり、熱中症予防アクションをたくさんの方に伝えていただくことができました。ご応募いただき、誠にありがとうございました。
今後もさまざまなイベントやキャンペーンを通じて多くの皆様に熱中症予防の大切さをお伝えするとともに、オフィシャルパートナー企業および協力団体・自治体と連携して具体的な予防アクションを提案・推進してまいります。

●賞品提供社
エバラ食品工業株式会社、東芝ライフスタイル株式会社、株式会社空調服、カバヤ食品株式会社、石垣食品株式会社、BRITA Japan株式会社、株式会社LIXIL、株式会社リベルタ、佐藤製薬株式会社、株式会社ロッテ、株式会社小川、花王株式会社、株式会社ギンビス、株式会社スパイス