熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

熱中症について学ぼう:環境や暑さ指数(WBGT)熱中症について学ぼう:環境や暑さ指数(WBGT)

熱中症になりやすい環境や暑さ指数(WBGT)について知ろう

予防・対策

熱中症は、晴れて暑い日だけでなく、曇りや雨でも湿度が高い日、また、屋外だけでなく室内でも注意が必要です。熱中症に特に注意が必要な環境条件や、熱中症の危険度を判断する際に役立つ「暑さ指数(WBGT)」について知り、自分のいる環境を日頃から気にしましょう。

熱中症が起こりやすい条件

熱中症を引き起こす条件には、気温が高い、湿度が高い、日差しが強いなどの環境条件のほか、乳幼児や高齢者、暑さに慣れていないなどの体の条件、長時間の屋外作業などの行動の条件があります。これらの環境条件の下で、体から熱が放出されにくくなることで熱中症が発生しやすくなります。

「暑くなり始め」や「急に暑くなる日」、「熱帯夜の翌日」は特に注意し、気温や湿度が著しく高い環境では、なるべく激しい運動やスポーツを控えるようにしましょう。室内でも、閉め切った部屋や風通しが悪い場所では、熱中症の危険性が高まります。

暑さ指数(WBGT)とは?

暑さ指数(WBGT)とは、人の体と外気との熱のやりとり(熱収支)に与える影響の大きい「気温」「湿度」「輻射熱(ふくしゃねつ)」の3つの要素を取り入れた指標です。気温が1、湿度が7、輻射熱が2の割合で算出され、湿度が重要な要素となっています。暑さ指数(WBGT)は熱中症の危険度を判断する数値として、日常生活だけでなく、運動時や作業時の指針として活用されています。

暑さ指数(WBGT)に応じた、日常生活や運動時の注意事項

日本生気象学会では「日常生活に関する指針」、公益財団法人日本スポーツ協会では「熱中症予防運動指針」を下記の通り表示しています。どちらの場合も、暑さ指数(WBGT)が28℃以上(厳重警戒)になると、熱中症の危険度が高まります。ただ、28℃未満の場合でも、運動や激しい作業をする場合は、定期的に休憩をとり、積極的に水分や塩分を補給するなどの対策をとるようにしましょう。

ここがポイント!

熱中症はさまざまな環境条件によって発生します。熱中症を予防するには、自分のいる環境の熱中症の危険度を常に気にする習慣をつけることが大切です。暑さ指数(WBGT)も活用して、日常生活や運動時の熱中症対策を心がけてください。

カテゴリから他の記事を探す

【監修】
帝京大学医学部教授
帝京大学医学部付属病院高度救命救急センター長
日本救急医学会評議員・専門医・指導医
熱中症に関する委員会元委員長 三宅康史 先生