みんなの力で熱中症をゼロにしよう

医師が教える熱中症の応急処置医師が教える熱中症の応急処置

三宅康史先生

医師が教える熱中症の応急処置

帝京大学医学部教授
帝京大学医学部付属病院高度救命救急センター長
日本救急医学会評議員・専門医・指導医
熱中症に関する委員会委員長
三宅康史先生

■三宅先生のプロフィール
経歴
1985年東京医科歯科大学医学部卒業
役職
日本救急医学会評議員・専門医・指導医、熱中症に関する委員会委員長
日本臨床救急医学会評議員
自殺企図者のケアに関する検討委員会委員長
日本外傷学会評議員・専門医、保険委員会委員長
日本脳神経外科学会評議員・専門医
日本集中治療医学会評議員・専門医
日本神経救急学会幹事
編著にICU Q&A改訂第2版(羊土社)、ICUハンドブック第2版(中外医学社)、ER診療の実際 上・下巻(医学出版)など
資格
日本救急医学会認定指導医・専門医、日本脳神経外科学会専門医、日本集中治療医学会専門医、日本外傷学会専門医、JATEC/ISLSディレクター・インストラクター、東京DMAT隊員

熱中症はいつから世の中に出だした?熱中症はいつから世の中に出だした?

昔は熱射病、日射病と呼ばれ方が様々でしたが、2000年から熱中症に統一して軽い方から1度、2度、3度と3段階に分けましょうということになりました。日本人は松竹梅と分けるのが好きですからね。

熱中症発症の理由熱中症発症の理由

熱中症は夏にかかる人が大半です。という事は夏の暑さが大きな原因の一つになっているということです。私達の身体はだいたい36℃台を安定して維持しているのですが、夏、暑くなると身体から熱がうまく逃げなくなります。加えてスポーツや肉体労働をしている人は身体の中にさらに熱を作り出していますので、体温があがった際には基本的には汗をかいたり、身体の表面から熱を空気中に逃がして37℃を超えないように出来ています。 例えば汗をかいて乾くときに身体の表面から気化熱を奪うようになっています。また、顔が赤くなるのは顔の表面に血管、血液が拡がってきて身体の表面から熱を外に逃がそうとする為です。そのようにして体温が上がらないように身体は調整されています。

また、肉体労働やスポーツなど普通以上に頑張ってしまうと、身体がどんどんと熱くなり汗をかくと身体の水分が減っていきます。水分が減ると、37℃以下にコントロールされていた身体の体温が徐々にあがってきて、最悪の場合、41℃くらいまで上がることもあります。37℃以下で一番うまく働く脳を含めた重要臓器は、体温が高くなることで機能しづらくなります。また、汗をかくと身体の血液が減ってきて血のめぐりが悪くなってしまいます。以上2点によって身体の調子が悪くなり、熱中症を引き起こします。

熱中症はどのようにして起こるのか

環境省「熱中症環境保健マニュアル2014」から引用

子どもが発症する危険性について子どもが発症する危険性について

子どもが発症する危険性について

子どもの熱中症を防ぐポイント
  • (1)顔色や汗のかき方を十分に観察しましょう

    子どもを観察した時、顔が赤く、ひどく汗をかいている場合には、深部体温がかなり上昇していると推察できるので、涼しい環境下で十分な休息を与えましょう。

  • (2)適切な飲水行動を学習させましょう

    喉の渇きに応じて適度な飲水ができる能力を磨きましょう。

  • (3)日頃から暑さに慣れさせましょう

    日頃から適度に外遊びを奨励し、暑熱順化を促進させましょう。

  • (4)服装を選びましょう

    幼児は衣服の選択・着脱に関する十分な知識を身につけていません。そのため、保護者や指導者は熱放散を促進する適切な服装を選択し、環境条件に応じて衣服の着脱を適切に指導しましょう。

環境省「熱中症環境保健マニュアル2014」から引用

熱中症かな?と思ったら熱中症かな?と思ったら

熱中症かな?と思ったら

夏場ご家族や周りの方の体調が悪くなった時は、熱中症かもしれないと疑うことが大切です。まず声をかけてあげて、もし意識がはっきりしていなければ救急車を呼んであげなければいけません。 意識が普通でない場合は脳に症状が出ている場合が高いのですぐ呼んで下さい。意識がある場合は応急処置をして下さい。日が当たらない場所に避難させたり、特に男性はネクタイをしめていたり、ベルトをとめていたりするので、緩めてあげて汗を乾かしやすくしてあげましょう。そしてよく冷やした、お茶やお水を飲ませましょう。冷えていてもアルコールは飲ませてはいけません。 飲ませてあげると言っても、他人が飲ませるとむせたりする可能性があるので、本人に持たせて自分で飲むようにさせて下さい。そのときにしっかりと持てないなどの症状があれば、救急車をすぐに呼んで下さい。また、処置が始まり、症状が良くならない場合も救急車を呼んで下さい。

高齢者の熱中症について高齢者の熱中症について

例えば2010年は1700人以上熱中症で亡くなった方がいます。たかだか夏の数か月で起こっています。その中で高齢者が占める割合はやはり高いのです。一昔前は厳しい冬で亡くなる方が多かったのですが、今では厳しい夏にも亡くなる方が増えています。その原因の多くは熱中症が関係しています。 高齢者の方は暑さに気付きにくいのです。若い方が暑がるのは我慢が足りないのではありません。暑さをすぐに不快に思えるのです。ところが高齢者は暑さに気付けず、また、汗をかく能力も衰えていたりします。今いる環境で特に喉が乾いていなくても1時間に1回などこまめに水分をとって脱水にならないようにして下さい。夜間などはトイレに行きたくないという理由で水分摂取を控える高齢者の方が多いのですが、そうではなくて水分をとることが最も大事です。あとは、暑さを感じにくいのであれば、今何度くらいの部屋に自分が住んでいるのか室温を測るべきです。室内にちゃんと温度計、湿度計を設置することが必要です。 室温を測り、30℃を超えたら冷房のスイッチを入れるようにして下さい。あとは、朝早くに散歩するなどといった汗をかく運動を心掛けて頂き、体力増進とともに暑さに慣れていくようにしましょう。

アドバイスアドバイス

アドバイス

常に冷たい水を持ち歩くことが大切です。自分で気づきにくいので周りが声をかけてあげて意識がしっかりしているかなど気を付けて頂く事が必要です。特に近所に高齢者の方がいれば、暑い日中など特に意識してあげましょう。 昨今、孤独死など言われていますが、まず声をかけてあげて、お茶をあげようかと言えるようなご近所付き合いも大切ですね。