みんなの力で熱中症をゼロにしよう

ねつぼうくん協力自治体のご紹介

当プロジェクトとともに、市民の皆さまへ積極的に熱中症対策の啓発をおこない、熱中症撲滅を目指しています。

熊谷市(埼玉県)

Web
https://www.city.kumagaya.lg.jpOutbound Link

コメント

熊谷市では、熱中症ゼロを目指すべく「暑さ対策プロジェクトチーム」を結成し、様々な熱中症対策に取り組んでいます。幼児や小学生、高齢者などの年齢に合わせた啓発や、大学・企業と連携した取組、まちが暑くならない対策など、市を挙げて暑さに多角的にアプローチしています。
今年は、熊谷市でラグビーワールドカップが開催されますので、市を訪れる方向けの取組も強化していきます。

多治見市(岐阜県)

Web
https://www.city.tajimi.lg.jp/Outbound Link

コメント

岐阜県多治見市は美濃焼と呼ばれる陶磁器の一大産地です。山々に囲まれた盆地であり、2007年8月16日には当時の国内最高気温40.9℃を記録しました。「暑さ対策日本一」を目指してうながっぱうちわやゴーヤ苗を配布したり、美濃焼風鈴を制作したりするなど、オール多治見で暑さ対策をしています。

館林市(群馬県)

Web
http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/Outbound Link

コメント

館林市は「熱中症による救急搬送者ゼロ」を目指し、「暑さによる健康被害から市民を守る」ことを共通認識に、市民団体・関係機関・行政が連携し、熱中症予防パトロールやこまめな声かけ活動を市内全域で展開しています。また、緑のカーテンとミストによる「涼み処」や、地域イベントへのミスト扇風機の貸出など、熱中症予防のための環境づくりも行っております。さらには、市の観光マスコットキャラクターである「ぽんちゃん」も熱中症予防PR大使として、各イベントで活躍中です!

豊島区(東京都)

Web
https://www.city.toshima.lg.jpOutbound Link

コメント

豊島区では、クール・チョイス(COOL CHOICE)の普及啓発を通じて、打ち水週間の設定や、ゴーヤ種やハンドブック等の配布・講習会を実施しています。
暑い夏にもエネルギーに頼りすぎず、自然の力で涼しく快適に暮らす工夫を広く紹介するとともに、低炭素型ライフスタイルへの転換を推進しています。
平成30年度は豊島区と日本気象協会「熱中症ゼロ」プロジェクトが主催し、打ち水効果の観測実験を行いました。

仙台市(宮城県)

Web
https://www.city.sendai.jp/Outbound Link

コメント

「杜の都」仙台は街の中にも緑が多く、自然に恵まれた環境にあります。ホームページやフェイスブック等での広報や、様々なイベントを通じた啓発により、熱中症予防に取り組んでおります。

津南町(新潟県)

Web
http://www.town.tsunan.niigata.jp/Outbound Link

コメント

毎年夏に開催される「津南ひまわり広場」では50万本ものひまわりが大輪を咲かせ、観光スポットとして多くの観光客が訪れます。そのひまわりの花をモチーフにした津南町の観光キャラクターである「つなっぺ」によるうちわの配布や夏まつりなど各種イベントに参加し、熱中症の啓発・予防活動を実施しています。
また、各学校や町内の施設には熱中症予防のポスターを掲示し、その危険と予防の大切さについても周知を行っています。

新座市(埼玉県)

Web
http://www.city.niiza.lg.jp/Outbound Link

コメント

新座市では、首都近郊にありながら武蔵野の面影を残す数少ない都市の特性をいかして、「雑木林とせせらぎのあるまちづくり」を進めています。市内には雑木林をはじめ、緑地や野火止用水沿いの遊歩道など、夏には「クールスポット」と呼ばれる場所が点在しています。また、平成26年度からは新座市イメージキャラクター「ゾウキリン」が熱中症予防PR大使に任命され、「熱中症ゼロ」に向けて取りくんでいます。

福岡市(福岡県)

Web
http://www.city.fukuoka.lg.jp/Outbound Link

コメント

福岡市は、博多湾と、背振・三郡山系や油山といった緑の山々に囲まれた、自然豊かなまちです。近年は、豊かな自然とコンパクトに集約された都市機能が共存する魅力的で住みやすいまちとして、内外から高い評価をいただいています。市の環境シンボルキャラクター「エコッパ」と一緒に、オリジナルの資料による啓発や、防災メールやホームページを通じた情報発信など、様々な角度から熱中症対策に取り組んでいます。

三郷市(埼玉県)

Web
http://www.city.misato.lg.jp/Outbound Link

コメント

水と緑の自然に恵まれた三郷市は、都心からのアクセスが良好で、近年は大型商業施設がオープンし、ますます発展を続けています。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会におけるギリシャ共和国のホストタウンに登録されました。また、市の鳥「かいつぶり」をモチーフにデザインされた三郷の公式マスコットキャラクター「かいちゃん&つぶちゃん」は日本気象協会『熱中症ゼロへ』プロジェクト2015のイベントで「熱中症予防PR大使」に任命されました。

山梨県

Web
http://www.pref.yamanashi.jp/Outbound Link

コメント

山梨県は日本列島のほぼ中央に位置し、東京都、神奈川県、静岡県、長野県、埼玉県に囲まれた海のない内陸県です。日本一高い富士山があり、豊かな自然にあふれ、ぶどうやモモなど多くの果物が栽培されることから「フルーツ王国」とも呼ばれています。夏の甲府盆地や甲州市勝沼では最高気温が39度以上になることもあり、県では広報番組等で広く県民に熱中症予防を呼びかけるとともに市町村等と連携しながら熱中症予防対策に取り組んでおります。

尾張旭市(愛知県)

Web
https://www.city.owariasahi.lg.jp/Outbound Link

コメント

人もまちも健康にする「健康都市」の取り組みを行っている尾張旭市では、市役所や公共施設をはじめ、市民にもゴーやの苗・種を配布し、緑のカーテンの普及を図り、暑さ対策に取り組んでいます。また、熱中症対策としては、“熱中症予防”を呼びかける広報へ記事掲載、公共施設での熱中症ランクボードによる注意呼びかけ、市の各種イベントで参加者に周知啓発を行っています。

甲州市(山梨県)

Web
https://www.city.koshu.yamanashi.jp/Outbound Link

コメント

熱中症が予測される時期には、広報紙やホームページなどで啓発するとともに、特に高温が予想される日には防災無線なども活用し注意喚起を行っています。
今後も、「熱中症ゼロ」活動の取り組みをしていきます。

神戸市(兵庫県)

Web
http://www.city.kobe.lg.jp/Outbound Link

コメント

神戸市は六甲山系と瀬戸内海に囲まれた豊かな自然環境を有してり、冬季は比較的温暖、夏は暑く、六甲山の北側の内陸部と海岸部では大きな気温差があるという特徴があります。
「熱中症予防対策」としては、広報誌やホームページに、記事の掲載をするとともに、夏期の区単位イベントや、地域の子育てサークル、高齢者が集まるサロン等で、熱中症予防のパンフレット配布や、ポスターを掲示して、市民への啓発を行っています。
また、毎年5月中旬に多くの市民が集まる「神戸まつり」が開催され、熱中症予防を啓発する大切な機会となっています。

福島市(福島県)

Web
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/Outbound Link

コメント

福島市は、西は吾妻連峰、東は阿武隈高地に囲まれた盆地に広がるまちです。盆地特有の夏蒸し暑い気候ですが、夏の暑さのおかげで実るおいしい果物が自慢です。
保健師の地域保健活動(高齢者サロンや事業所での健康講座)や献血キャンペーンなど各種事業をとおして、熱中症予防の啓発を行っております。

No Image

盛岡市(岩手県)

Web
http://www.city.morioka.iwate.jp/Outbound Link

江戸川区(東京都)

Web
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/Outbound Link

コメント

江戸川区は、江戸川、荒川という大河川と海に囲まれ、都会にありながら、水と緑の恵み豊かな地域です。
熱中症対策では、区内各所にある親水公園で子どもたちが涼をとっています。また、高齢者には訪問指導等を行っています。

恵那市(岐阜県)

Web
http://www.city.ena.lg.jp/Outbound Link

コメント

恵那市は、市民一人ひとりが生涯にわたり健やかで心豊かに暮らせるまちをめざし、平成27年6月に健幸都市宣言をしました。今年も6月2日に、健康・スポーツ・福祉の祭典である「2019健幸フェスタinえな」を開催し、軽スポーツ体験や健康チェックなど様々なブースを出店する予定です。その中で市民の方々に、熱中症対策を呼びかけるためのリーフレット等を配布し、熱中症に対する正しい知識の普及に努めます。

大田区(東京都)

Web
https://www.city.ota.tokyo.jp/Outbound Link

コメント

大田区は、羽田空港を擁する自治体です。
乳幼児健康診査では、乳幼児の保護者の方向けに熱中症予防リーフレットを配布し、体温調節機能が十分に発達していない乳幼児に対して、ベビーカー使用中の注意や車内に残すことの危険性についても周知を図っています。
また、熱中症のリスクが高い一人暮らし高齢者への戸別訪問による注意喚起や、区施設を利用したクールスポットの設置など、熱中症ゼロへ向けた取り組みを行っています。

霧島市(鹿児島県)

Web
https://www.city-kirishima.jp/Outbound Link

コメント

霧島市は、海抜0mから標高1,700mまで豊かな自然に恵まれ、北部は風光明媚な霧島山を有し、南部は広大な平野部と錦江湾に接しています。北部の霧島の地は「森林セラピー基地」として認定されており、森林浴による暑さ対策効果もあるところですが、南部を中心に熱中症の発生が見受けられることから、緑のカーテン普及や、市報や市ホームページ、イベントや各種講習会等を通して熱中症対策の周知啓発活動を行っています。

岐阜市(岐阜県)

Web
http://www.city.gifu.lg.jp/Outbound Link

コメント

岐阜市は、信長公ゆかりの岐阜城を頂く緑豊かな金華山や、1300年の伝統を誇る鵜飼で名高い清流長良川など豊かな自然に恵まれた都市です。
夏は気温・湿度ともに高く、熱中症への注意が必要となりますので、広報誌やホームページ、高齢者が集まるサロンや子育て支援の場等を利用して、熱中症予防について啓発しています。また、とくに熱中症発症リスクの高まる日には、防災行政無線と消防車両巡回による注意喚起を行い、熱中症予防に取り組んでいます。

相模原市(神奈川県)

Web
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/Outbound Link

コメント

相模原市では、熱中症を予防するために、市内各所においてポスター掲示やリーフレット配布などを行うほか、リスクの高い乳幼児や高齢者の訪問やイベントなどでも注意をよびかけています。また、広報紙やホームページにも掲載し、啓発を行っています。
この他、市内の公共施設や店舗等の民間施設で暑さをしのいだり、イベント等に参加するなど地域で集まって涼しく過ごすことで、地域の節電・省エネ効果を高めるクールシェアともあわせて、熱中症予防に取り組んでいます。

品川区(東京都)

Web
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/Outbound Link

コメント

品川区は、熱中症対策として平成23年度から避暑シェルターを実施しています。これはシルバーセンターや児童センターなどの区有施設を開放し、気温の上がる日中に、暑さをしのぐ一時避難場所として、冷たい飲み物などで涼んでもらおうというものです。家に引きこもりがちな高齢者や、子育て世代の親子などに、避暑シェルターの利用を促し、節電と熱中症予防対策だけでなく、孤立化防止や仲間同士の交流、情報交換の場として活用してもらえることを期待しています。

世田谷区(東京都)

Web
http://www.city.setagaya.lg.jp/Outbound Link

コメント

世田谷区では、区内260か所(2018年度)に「お休み処」を開設し、暑い日に外出する際、公共施設などで気軽にお休みいただける場所を提供しています。また、「お休み処」の場所や熱中症予防のポイント、注意事項などの情報を盛り込んだ、「せたがや涼風マップ」の配布など、熱中症予防の普及啓発・注意喚起にも取り組んでいます。

台東区(東京都)

Web
http://www.city.taito.lg.jp/Outbound Link

コメント

東京都台東区です。
地域や寺社のお祭り・イベントがにぎやかな下町、台東区では、昨年度も熱中症予防活動として、区ホームページや公式ツイッター・広報紙を利用した周知、「子どもの安全」巡回パトロール車からからのアナウンスによる啓発、窓口や地域活動での保健師等からの呼びかけなどを行ってきました。
本年も、地域のお祭りやイベント等を利用して年代を問わず広く啓発活動を展開していきたいと思います。
<台東保健所保健サービス課 健康推進担当>
台東くん公式サイト http://www.taitokun.com/

田原市(愛知県)

Web
http://www.city.tahara.aichi.jp/Outbound Link

コメント

田原市では公共施設だけでなく、市内の住宅や事業所等でも毎年立派な緑のカーテンが設置され、楽しみながら暑さ対策が行われています。
熱中症が予測される時期には、広報紙やホームページなどで啓発するとともに、暑さ指数が危険範囲の時には防災無線などで注意喚起しています。また、子どもや高齢者を熱中症から守るため、老人クラブの健康講座や乳幼児健診などで、熱中症予防を呼びかけています。

千代田区(東京都)

Web
https://www.city.chiyoda.lg.jp/index.htmlOutbound Link

コメント

冷房の効いたスペースを活用し、ひと涼みスポットを区施設に23か所、民間団体に22か所開設いたしました。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、うちわ、ちらし等の啓発品に英語表記を追加し、外国人への普及啓発にも取り組んでいます。さらに、高齢者熱中症予防訪問事業では、熱中症リスクの高い高齢者宅に個別訪問し、熱中症の正しい知識の普及と実態把握を行っています。

松本市(長野県)

Web
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/Outbound Link

コメント

松本市は、「健康寿命延伸都市・松本」を将来の都市像とし、人の健康はもちろん、経済、環境、生活、地域、教育・文化など様々な分野が連携し、赤ちゃんからお年寄りまで、それぞれの市民が健康寿命を全うできるまちづくりを目指しています。
熱中症対策としては、民生委員さんや健康づくり推進員さんへ協力を依頼し、地域での啓発や見守りを実施しています。
今後は、啓発ツールを活用し、更なる「熱中症ゼロ」活動の取組みをしていきます。

千葉市(千葉県)

Web
http://www.city.chiba.jp/Outbound Link

コメント

千葉市では、例年、広報紙やホームページに「熱中症予防対策」関連記事を掲載しています。各区で行われるイベント等で広く市民に呼びかけるとともに、地域では高齢者のサロンや運動自主グループ等での健康教育等を通しての注意喚起等も行っています。
(左記は、千葉市の開祖、千葉氏の月星の紋章に由来する千葉市章です。)

文京区(東京都)

Web
https://www.city.bunkyo.lg.jp/Outbound Link

コメント

文京区では、地球環境保全の取組みの一つである「地球温暖化対策」の啓発を目的として、平成22年7月より、毎月7日を「文京版クールアース・デー」とし、啓発イベントとして、毎年7月に「クールアースフェア」を開催しています。また、環境問題に対する意識の高揚を図るため、区内親子を対象に環境教室を実施しています。
また、熱中症対策として、区報、ホームページ、リーフレット等による普及啓発に取り組んでいます。

新宿区(東京都)

Web
https://www.city.shinjuku.lg.jp/Outbound Link

コメント

新宿区では、熱中症予防について、広報紙やホームページへの掲載、リーフレットの配布などで啓発活動を行っています。また、保健師等が、児童館や高齢者施設、町会に出向き、熱中症に関する講座を実施しています。
さらに、夏期は、高齢者の見守りを強化し、6月から9月の期間は、区の高齢者施設に「まちなか避暑地」の「のぼり」を掲げ、施設を高齢者の日中の居場所として提供しています。
今後も、区が主催するイベント等での啓発なども含め、熱中症予防についての取り組みを進めていきます。
※左のイラストは新宿区の健康づくりキャラクター「しんじゅく健康フレンズ」です。

河合町(奈良県)

Web
http://www.town.kawai.nara.jp/Outbound Link

コメント

河合町は、奈良盆地を流れる七つの川が合わさり、田園と丘陵の広がる「水と緑の町」です。町にあるおよそ60基の古墳群と緑を守るために作られた「馬見丘陵公園」は、一年を通して花が楽しめ、多くの方がウォーキングに訪れます。
2018年度の熱中症対策では、ラジオ体操や運動教室、高齢者のいきいきサロン等の事業でPRを行い、啓発活動に取り組んでいきたいと思います。

善通寺市(香川県)

Web
https://www.city.zentsuji.kagawa.jp/Outbound Link

コメント

善通寺市では、暑さ対策のため、市民にゴーヤの苗を配布し、緑のカーテンの普及に努めています。また、熱中症対策として、広報やホームページで“熱中症予防”の記事を掲載したり、高齢者対象の行事や地域で行われる講習会などでの啓発を行っています。

高松市(香川県)

Web
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/Outbound Link

コメント

高松市は、降水量が少なく、年間を通じて温暖な気候のため、夏場の熱中症予防は、欠かせません。熱中症予防の健康教育及び広報誌やホームページ等で熱中症予防の啓発を行っています。

鳥取県

Web
http://www.pref.tottori.lg.jp/Outbound Link

コメント

鳥取県は、青く澄み渡る日本海、緑豊かな大山、そして鳥取砂丘など豊かな自然環境を背景に、果物や魚、カニなど海の幸や山の幸が豊富な県です。
本県では、5月から9月を「熱中症注意月間」と定め、県内市町村と連携して県内各地の観光名所や様々なイベントで予防啓発に努めたり、気象台が発表する予想最高気温に基づいて熱中症(特別)警報等を発令したりするなど県民のみなさまへの注意喚起に力を入れています。

鳥取市(鳥取県)

Web
http://www.city.tottori.lg.jp/Outbound Link

コメント

鳥取市では、広報紙やウェブサイトで熱中症予防についての啓発活動を行うとともに、主に高齢者を対象に地域で行う健康教育の機会に熱中症予防についてお伝えしています。
啓発ツールを活用し、正しい知識を分かりやすく伝える取り組みをしていきます。

東吉野村(奈良県)

Web
http:www.vill.higashiyoshino.nara.jpOutbound Link

コメント

青々とした山並み 流れる雲や霧
青空を映しだす水面 しぶきを上げる流れ
満点の星空 新月の暗闇 自然に抱かれた人々の暮らし
静かな山里東吉野村には 静かな時間がゆったりと流れています
赤ちゃんから高齢者まですべての村民が「熱中症ゼロへ」
イベント・検診・サロン・訪問活動などを通じて一人ひとりに働きかけます。

広島県

Web
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/57/1187335768796.htmlOutbound Link

コメント

広島県では、熱中症の発生が増加する季節に、ホームページ、ツイッター等での注意喚起や啓発資材の配布等により、県民に対して広く熱中症予防対策を呼びかけています。

広島市(広島県)

Web
http://www.city.hiroshima.lg.jp/Outbound Link

コメント

広島市では熱中症予防対策として、ホームページでの啓発や健康づくりイベント等においてリーフレットを配布するなど、「熱中症ゼロ」活動に取り組んでいます。

松江市(島根県)

Web
http://www.city.matsue.shimane.jp/Outbound Link

コメント

島根県松江市は、宍道湖の夕日が有名で「水の都」と呼ばれています。しかし、夏の暑さは厳しく、「健康都市まつえ」の実現を目指し、熱中症予防にも力を入れています。ホームページでの注意喚起や、地域で行う高齢者のサロン、健康教室、乳幼児健診などの機会に保健師から予防についてお伝えしています。
今後も市のイベント等を通じ、より多くの方々への啓発を進めていきます。

丸亀市(香川県)

Web
https://www.city.marugame.lg.jp/Outbound Link

コメント

お城とうちわのまち丸亀市です。平成28年度は、熱中症で医療機関に搬送された市民は70人を超え、特に高齢者の熱中症対策が必至となっています。丸亀市では、各地区コミュニティや老人会等、地区組織を対象にした熱中症予防の講座を開催するなど、市民への周知啓発に努めています。

吉野町(奈良県)

Web
http://www.town.yoshino.nara.jp/Outbound Link

コメント

吉野町は、1300年守り伝えられている「吉野山の桜」と杉・桧の美林が広がる「森林セラピー基地」を持つ、歴史と自然に恵まれた町です。
熱中症予防としては、町が開催するイベント等を利用して、参加の皆さんに「熱中症予防についての正しい情報を届け」、「対策アクションにつなげていただけるよう」に啓発活動に取組んでいきます。

米子市(鳥取県)

Web
https://www.city.yonago.lg.jp/Outbound Link

コメント

米子市では、熱中症予防のために、リーフレットやうちわの配布、設置を各所で行なっています。また、広報誌やホームページにて注意喚起を行なっています。

奈良市(奈良県)

Web
http://www.city.nara.lg.jp/Outbound Link

コメント

奈良市では、奈良市健康医療部医療政策課を中心に関係各課と連携を取りながら熱中症対策を行っています。奈良市は観光都市でもあり、毎年多くの外国人観光客が訪れるため、市民をはじめ外国人観光客の方への啓発にも力を入れています。
熱中症予防に関する正しい知識の普及啓発に力を入れ、熱中症ゼロを目指します。

三好市(徳島県)

Web
https://www.miyoshi.i-tokushima.jp/Outbound Link

コメント

三好市では、熱中症予防について、広報誌やケーブルテレビなどでの周知、地域で行う健康づくり教室などで啓発を行っています。特に乳幼児の保護者や高齢者に対し、こまめな水分補給や体調管理などについてお伝えしています。「熱中症ゼロ」への取組を進めていきます。

埼玉県

Web
https://www.pref.saitama.lg.jpOutbound Link

コメント

埼玉県では、県内の公共施設や企業様など約7,600施設から協力いただき、外出時の暑さからの一時避難所である「まちのクールオアシス」を県内全域で実施するほか、熱中症予防のポイントをリーフレット等を通じて伝える取組を行っています。 
また、直射日光を避け体感温度を下げる効果のある日傘に注目し、性別や年齢を問わず、日傘を上手に使って暑さ対策をしていただけるよう、日傘のPRに取り組んでいます。
県公式日傘ツイッター https://twitter.com/Saitama_higasa

大阪府

Web
http://www.pref.osaka.lg.jp/Outbound Link

コメント

大阪府エネルギー政策課です。
府内の熱中症救急搬送人員数が、2018年には前年比約2倍の7,138人(うち、死亡12人)に上るなど、災害並みの記録的な猛暑になりました。
大阪府では、猛暑から府民の命を守ることを最優先に、さらに、多くの観光客の来阪が見込まれる国際的イベントや大阪万博の開催を視野に入れ、猛暑対策を推進します。

岡山県

Web
http://www.pref.okayama.jpOutbound Link

コメント

岡山県では、熱中症の発生が増加する時期にあわせ、ホームページ、ラジオ等での注意喚起や啓発資材の配布等を行い、熱中症予防に努めています。

宮崎県

Web
https://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenkozoshin/kenko/hoken/page00159.htmlOutbound Link

コメント

宮崎県は、まっすぐに日の出る方に向いているということから「日向(ひむか)の国」と呼ばれており、気象的にも平均気温が高く、日照時間や快晴日数も全国上位となっております。
熱中症対策については、さまざまな広報媒体により、注意喚起を行い、熱中症予防啓発を行っています。

熊本県

Web
http://www.pref.kumamoto.jp/Outbound Link

コメント

熊本県では市町村、保健所等に対して熱中症予防ポスター、リーフレットを配布し、熱中症予防を呼びかけています。また、県ホームページやラジオでの注意喚起、仮設住宅等の居住者に対しては、熱中症予防を呼びかけるリーフレットを配布しています。その他、民生委員児童委員協議会や通所介護施設、見守り応援隊登録団体等、各団体に御協力いただき、熱中症が特に多い高齢者の方への予防啓発を行っています。

川越市(埼玉県)

Web
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/Outbound Link

コメント

川越市では熱中症対策として、チラシやポスター、広報紙やホームページ、防災無線等を活用した周知啓発のほか、クールシェアスポットの設置、地区担当保健師による啓発等、様々な取組を行っています。チラシについては、対象者別に4種類(一般向け、高齢者向け、子ども向け、乳幼児の保護者向け)を作成し、対象者にあった啓発を行っています。今後も様々な機会を通し、市民の皆さまに伝わりやすい熱中症予防の啓発に取り組んで参ります。

高知県

Web
http:www.pref.kochi.lg.jpOutbound Link

コメント

高知県は、一部の地域において41.0℃を記録するなど、熱中症を発症しやすい環境にあります。教育機関への周知啓発をはじめ、県内自治体等と連携しながら熱中症予防を呼び掛けています。

高梁市(岡山県)

Web
http://www.city.takahashi.lg.jp/Outbound Link

コメント

岡山県で一番暑いまち高梁市は、山々に囲まれた盆地のため4月から9月は最高気温が日本一になることもあります。そのため、ホームページ上で熱中症について注意を呼びかけたり、各地区健康教室で熱中症予防についての教室を開催し普及啓発活動を行っています。

杉並区(東京都)

Web
http://www.city.suginami.tokyo.jp/Outbound Link

コメント

杉並区は東西に流れる善福寺川、神田川があり、その周辺には遊歩道や公園が整備され、水とみどりに恵まれた住宅都市です。
高齢者施策課では、熱中症予防対策として、高齢者向けのリーフレット・啓発グッズを作成しています。また民生委員等が高齢者のご自宅へ伺う「おたっしゃ訪問」の際に呼びかけを実施しています。
猛暑時には一部の区立施設を涼み処として設置し、高齢者をはじめ区民の方々に広くご利用いただいています。

萩市(山口県)

Web
http://www.city.hagi.lg.jp/Outbound Link

コメント

萩市では萩市健康フェアにて、熱中症予防啓発を行っています。

No Image

天草市(熊本県)

Web
https://www.city.amakusa.kumamoto.jp/Outbound Link

コメント

熱中症予防については、市の広報誌へ掲載、みつばちラジオ(FM88.8)での周知や市内50か所の一時休憩所の設置、出前講座など積極的に取り組んでいます。

豊田市(愛知県)

Web
http://www.city.toyota.aichi.jp/Outbound Link

コメント

豊田市は、愛知県のほぼ 中央に位置し、愛知県全体の17.8%を占める広大な面積を持ちます。「クルマのまち」として知られ、ものづくり中枢都市としての顔を持つ一方、市域のおよそ7割を占める豊かな森林、市域を貫く矢作川など、恵み多き緑のまちとしての顔を併せ持っています。今年開催されるラグビーワールドカップ2019のPRに合わせ、市民・市を訪れる外国人を含む観光客に熱中症予防の啓発を行い、効果的に取組を推進していきます。