みんなの力で熱中症をゼロにしよう

熱中症、こんな人は特に注意!「スポーツをする人」

スポーツをする人

熱中症にかかりやすいのはどんなとき?

体が暑さに慣れていない時期(夏の初め頃や梅雨の合間など)に急に暑くなった日や、湿度が高く風の弱い蒸し暑い日にスポーツをすると、気温があまり高くなくても熱中症にかかる危険性があります。また、体調があまりすぐれないときに無理をするのも禁物です。

  • 対策

  • 環境条件(気温・湿度・風速・直射日光など)に応じて運動の強度や運動時間を調節しよう(場合によっては、運動を中止することも検討しましょう)
  • 急に暑くなった日は特に注意し、徐々に暑さに慣らすようにして、短時間の軽めの運動から始めよう
  • こまめに水分補給を行うとともに、汗で失われる塩分も補給しよう
  • 暑い日は吸湿性や通気性がよい素材の衣服を選び、屋外では帽子をかぶろう
  • 防具をつけるようなスポーツの場合は、休憩中にゆるめて熱を逃がすなどの工夫をしよう
  • 疲労、睡眠不足、風邪などで体調がすぐれないときは、無理に運動するのはやめよう
  • 特に運動不足の人や肥満の人は、熱中症を起こしやすいので注意しよう

監修:
慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センター
田畑 尚吾 先生