みんなの力で熱中症をゼロにしよう

熱中症、こんな人は特に注意!「屋外で働く人」熱中症、こんな人は特に注意!「屋外で働く人」

屋外で働く人

  • 作業上の都合で通気性の悪い衣服や保護具を着用する場合
  • 高温多湿、直射日光、無風などの条件下で作業を開始した初日~数日間
  • 体が暑さに慣れていない時期(夏の初め頃や梅雨の合間など)に急に暑くなった日
    休み中に体が涼しさに慣れてしまったお盆明けなどは、特に注意が必要です。

特に注意すべき業種

建設業、製造業、林業、運送業、警備業、農業など
(厚生労働省の調査のうち、上位6業種を抜粋)

  • 対策

  • 暑さ指数(WBGT値)が計れる測定器を用いて、基準値を超えていないかチェックしよう
  • 直射日光をさえぎろう(帽子をかぶる、可能であれば作業場所に屋根や日除けをつけるなど)
  • 扇風機などで風を通したり、打ち水をしたりしよう(風通しが悪い高温多湿の場所では、打ち水後の湿度上昇に注意!)
  • 休憩所を設け、こまめに休憩を取ろう
  • 身体を適度に冷やせるグッズや設備を利用しよう(氷、冷たいおしぼり、水風呂、シャワーなど)
  • 水分・塩分を定期的に補給しよう(自覚していなくても、脱水症状に陥っている場合があります)
  • 吸湿性や通気性がよい素材の服を選ぼう
  • できるだけ1人で作業しないようにしよう(周囲の人が変化に気付くことができる環境づくりも、予防の1つです)