熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

熱中症について学ぼう:症状熱中症について学ぼう:症状

頭痛・吐き気も熱中症の症状の一つ

症状

熱中症の中等症(意識障害がある場合には病院への搬送を必要とする)の症状の中には、頭痛や吐き気があります。
熱中症の初期症状として現れるめまい(目眩、眩暈)や立ちくらみ、一時的な失神の症状が進行すると、頭痛や吐き気、体のだるさ(倦怠感)の症状が現れることがあります。

熱中症で頭痛と吐き気が起こるメカニズム

暑さで体温が上昇すると、体にこもった熱を外に逃がして体温を下げようと、汗をかいたり(発汗)、皮ふの血管を広げて体の表面から熱を空気中に逃がそうとしたり(熱放散)します。暑い中では体の表面からの熱放散が難しくなるため、主に汗をかき、汗の蒸発による気化熱で体温を下げようとします。

炎天下や暑い室内で長時間労働やスポーツをすると、体温を下げようと大量に汗をかき、体内の水分・塩分が不足することで、血液の流れが悪くなります。それにより、熱中症の初期症状である、めまいや立ちくらみ、一時的な失神といった熱失神が現れることがあります。その状態で、適切に水分・塩分の補給や身体の冷却が行われないと、脳や消化管、肝臓への血流低下や、それら重要臓器自体の温度上昇により、全身の倦怠感(だるさ)や頭痛、吐き気といった症状が現れてきます。

頭痛や吐き気とともに現れる症状

全身の倦怠感や脱力、頭痛、吐き気等があり、体がぐったりする、力が入らないなどもあります。「いつもと様子が違う」程度のごく軽い意識障害が出ることもあります。少しでも意識がおかしい場合には、医療機関へ連絡しましょう。
また、熱中症の初期症状であるめまいや立ちくらみ、一時的な失神といった熱失神と同時に起こることもあります。

暑い中で運動や活動をしている時に、体のだるさや吐き気、頭痛を感じたら、熱中症の症状である可能性があります。すぐに水分・塩分の補給と涼しい場所での休憩をしましょう。

頭痛やめまいが発症したときの対処法

まずは、意識がはっきりしているかを確認しましょう。意識が朦朧としているようであれば、迷わず医療機関へ。意識がはっきりしている場合は、次のような対処法を行いましょう。

  • 安全で涼しいところへ移動させましょう

    安全で涼しいところへ移動させましょう

    クーラーの効いた室内や、車内、屋外であれば風通しのよい日かげなど、安全で涼しいところに移動しましょう。このとき、自分の足で歩ける状態でもめまいや立ちくらみ、一時的な失神によるふらつき・転倒に注意しましょう。

  • 体を冷やしましょう

    衣服をゆるめて、風通しを良くし、体の熱を逃がしましょう。
    まずは体表面にでている顔、両腕、足などを水で冷やすと良いでしょう。冷やす際には、保冷剤やペットボトルなどにタオルやハンカチを巻き、体表近くを走る静脈(太い血管)の通る首筋やわきの下などを冷やすのが効果的です。

  • 水分補給を行いましょう

    スポーツドリンクや0.1~0.2%の濃度の食塩水(1ℓの水に対して1~2gの食塩を加えたもの)などを自分で飲んでもらい、体内から失われた水分・塩分を補います。自分でうまく飲めない場合や、嘔吐や吐き気などがあって水分補給に適さない場合は、医療機関を受診しましょう。

カテゴリから他の記事を探す

【監修】
帝京大学医学部教授
帝京大学医学部付属病院高度救命救急センター長
日本救急医学会評議員・専門医・指導医
熱中症に関する委員会元委員長 三宅康史 先生