熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2018.06.11熱中症ゼロへ協力自治体・協力団体

南池袋公園で観測実験を実施します!

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、協力自治体である豊島区とともに、6月13日(水)と7月24日(火)、東京都豊島区の南池袋公園のサクラテラスにて、打ち水による周囲の温度変化や気化熱による冷却の効果を検証し、解説する観測・実証実験を実施します。

一般のかたに参加いただいて打ち水を行い、打ち水実施前後の公園内の温度変化を温熱サーモカメラで静止画撮影します。当日は、公園内のカフェにおいて、速報結果を公開し、打ち水のメカニズムや熱中症について解説します。皆様のご参加をお待ちしております!

画像左:サーモカメラで撮影した南池袋公園の様子(イメージ)  画像右:南池袋公園

サーモカメラで見る!打ち水効果の観測実験in 南池袋公園 開催概要

■開催日時
【1回目】2018年6月13日(水)[予備日6月19日(火)] 14:00~15:00
【2回目】2018年7月24日(火)[予備日7月26日(木)] 14:00~15:00

<タイムスケジュール>
14:00-14:30 サクラテラスにて打ち水を実施
14:30-15:00 カフェにて打ち水の結果、打ち水効果のメカニズム、熱中症についての解説

■場所
南池袋公園(東京都豊島区南池袋2-21-1)
サクラテラスおよびRacines FARM to PARK(南池袋公園内のレストラン・カフェ)

*一般のかたが参加できるイベントです。事前予約は必要ありません。入場は無料です。
*天候によりイベントが中止になる場合があります。イベント中止時のご案内など、詳しい情報は随時当サイトで発表いたします。

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。