熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2017.09.01熱中症ゼロへ

「日本気象協会発表!2017年の気温傾向と熱中症傾向」を更新しました!

本日、「9月の気温傾向と熱中症傾向」を公開しました。特に沖縄・奄美の9月の気温は、平年よりも高くなる見込みですので、9月になったからといっても油断は禁物です。
昨年の9月には全国で4,012人が熱中症で病院に搬送されました(2016年10月12日、総務省消防庁発表)。9月も熱中症対策が必要ということがわかります。また、9月は運動会や体育祭の練習などをしているとき熱中症にかかるという場合があるため、夏休み中にあまり運動をしなかったという学生の方は特に注意しましょう。

気温があまり高くない日でも湿度が高いと熱中症にかかるおそれがあります。こまめな水分・塩分補給を心がけてください。

◆熱中症傾向

▼都道府県別の情報も解説しているので、ぜひチェックしてみてください。
https://www.netsuzero.jp/weather2017

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。