熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2017.09.14熱中症ゼロへ

2017年も夏の甲子園で熱中症予防を呼びかけました!

 「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、2017年8月8日(火)から23日(水)まで阪神甲子園球場で開催された「第99回 全国高校野球選手権大会」において、スポーツ時の熱中症対策の啓発活動として、リーフレット及び暑さ対策グッズの配布と啓発動画の放映を球場内で行いました。なお、この活動は本大会の主催者である公益財団法人日本高等学校野球連盟/朝日新聞社と、阪神甲子園球場のご協力を得て実施しました。

今年は、台風5号の影響により開幕が順延し、15日の試合も雨の影響で16日に順延になるなど、開催中2回の順延がありました。球場内でリーフレットや暑さ対策グッズを配布しながら、熱中症の症状や予防ポイントなどの呼びかけを行ったところ、立ち止まってリーフレットの内容を確認する方や、内容に興味を持って話しかけてくれる方がいるなど、効果的な啓発活動が出来ました。
この活動を通じて、例年以上に熱中症に対する関心が高まっていることを実感しました。

スポーツをするときだけでなく、スポーツ観戦や運営する際も熱中症に注意をする必要があります。秋のスポーツシーズンも熱中症対策を心がけましょう。

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。