熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2017.08.04熱中症ゼロへ協力自治体・協力団体

日本かき氷協会とのコラボ企画で「クールダウンかき氷」を発表しました!

 「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、協力団体である一般社団法人 日本かき氷協会と共同で「かき氷を食べてクールダウン!」企画をスタートしました。

この企画は、古来から夏に涼を取るために食されていたかき氷で上手に水分や塩分を補給することで、熱中症に負けないからだづくりをサポートすることを目指します。活動の第一弾となる今回は、無理なく食べきれるサイズで、0.1~0.2%の塩分を含み、味や見た目などから清涼感が得られるかき氷を “クールダウンかき氷”として発表させていただきました!

なお、今回の “クールダウンかき氷”は、人気のかき氷店6店舗のかき氷メニューです。メニューは塩分を含みながらも甘みがあるものから、すっきりとした味わいのものまで、店舗によってすべて異なります。猛暑日が続くこの季節に、各店のこだわりがつまった “クールダウンかき氷”をお試しください!なお、この企画は来年度以降も活動を拡大する予定です。

詳しくは、日本かき氷協会の特設ページをご覧ください。
http://kakigoori.or.jp/heatstroke

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、これらの活動を通して、ひとりでも多くのかたに熱中症予防の大切さを伝えてまいります。

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。