熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症をゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2022.02.25熱中症ゼロへ

室内熱中症への関心は増加したが、予防・対策は?~第9回「熱中症に関する意識調査」結果 第2弾~

「熱中症ゼロへ」プロジェクトでは、2021年9月に東京都・大阪府・福岡県・愛知県・宮城県の20歳以上の男女1,345人に、熱中症に関する意識についてのアンケート調査を実施しました。
この調査は「熱中症ゼロへ」プロジェクトが毎年行っているもので、今年で9回目となります。

熱中症に関することがらについて知っているものを聞いたところ、「熱中症は屋外だけではなく、日光の差し込まない屋内でも十分に起こる可能性がある(昨年より1.4ポイント増)」や「熱中症は日中だけではなく、就寝中などの夜間でも十分に起こる可能性がある(昨年より0.8ポイント増)」、また「屋内にいる犬や猫などのペットも熱中症になることがある(昨年より2.8ポイント増)」と、屋内での熱中症に対して関心が高まっていることが分かりました。

しかし、どのようなときに熱中症に気をつけているか聞いたところ、「晴天の中、外出するとき:63.3%」と外出時には気にかけると回答した割合は60%以上でしたが、「屋内で作業するとき:14.2%」「寝るとき:18.6%」「エアコンや扇風機を使用せずに室内にいるとき:20.5%」と、室内で過ごしているときに気にかけていると回答した割合は外出時と比較すると低いことが分かりました。

総務省消防庁によると、2021年5月~9月の全国における熱中症による救急搬送者数の発生場所割合は、「住居(敷地内全ての場所を含む)」が最も多く39.4%でした。室内にいても、条件によっては熱中症になることがありますので、対策が必要です。

「熱中症ゼロへ」プロジェクトでは、室内熱中症の対策ポイントをこんな人は特に注意!「室内で過ごす人 」ページ(https://www.netsuzero.jp/learning/le10)で公開しています。
「熱中症ゼロへ」プロジェクト公式サイトでは、熱中症の症状のほか、熱中症の予防対策や応急処置のポイントについても掲載しているので、是非ご活用ください。