熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2021.04.22熱中症ゼロへ協力自治体・協力団体

「熱中症、こんな人は特に注意!車に乗る人」編を公開

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、一般社団法人 日本自動車連盟の協力のもと、駐車時の車内環境の変化と車での熱中症対策をまとめた「熱中症、こんな人は特に注意!車に乗る人」編(https://www.netsuzero.jp/learning/le16)を、本日から公開いたします。

今回公開した「熱中症、こんな人は特に注意!車に乗る人」編では、春や夏のお出かけを安全に楽しんでもらえるよう、春と夏の車内温度の変化や、車内温度が上がってしまった際の効率的な車内温度の下げ方など、車に乗る時に心がけたい熱中症の予防・対策方法を掲載しています。(出典:JAFユーザーテスト)

JAFのユーザーテストによれば、気温35度の猛暑日にエアコンを使用していない状態で直射日光の下に駐車した場合、30分で車内温度は40度前後に達しました。しかし気を付けるのは夏だけではありません。5月上旬にも同様のユーザーテストを行ったところ、2時間ほどで車内温度が40度前後になることがわかりました。(※1)
またJAFのアンケートでは、車移動に感染対策へのメリットを感じている人が92.4%という結果も出ており(※2)この春や夏も車での移動を選ぶ人が多いことが考えられます。これからの季節のお出かけの際も車内温度に気を付け、短時間であっても子どもやペットを車内に残して離れないようにしましょう。

4月下旬から5月上旬にかけては、晴れて日差しが強いと、日中は気温が上昇し、最高気温が25度以上の夏日や30度以上の真夏日となることがあります。車で出かける際などは、車内温度と熱中症に注意するようにしてください。

※1 JAFユーザーテスト「真夏の車内温度」
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/temperature/summer
※2 JAF「新しいドライブのカタチ」アンケート
https://area.jaf.or.jp/area-lp/item/drive-202103

暑くなる前から車内での熱中症に気を付け対策方法を確認すると同時に、日常生活の中で体を暑さに慣れさせる暑熱順化も行いましょう。
▼暑熱順化
https://www.netsuzero.jp/learning/le15

「熱中症ゼロへ」プロジェクトでは、今後も新しい生活様式に沿った熱中症の予防啓発活動を進めていきます。

【「熱中症ゼロへ」プロジェクト 熱中症、こんな人は特に注意!車に乗る人】
https://www.netsuzero.jp/learning/le16