熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2020.06.30熱中症ゼロへ

夏に食べたい「手軽でおいしい!火を使わない暑さ対策レシピ」を公開!

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは「手軽でおいしい!火を使わない暑さ対策レシピ」を本日より公開しました。(https://www.netsuzero.jp/dietitian/recipe02

日ごろからバランス良く、3食しっかり食べることは、熱中症の予防につながります。しかし、キッチンで火を使って調理をすると、熱とともに蒸気による湿気が発生して高温多湿な環境となりやすいため、熱中症に注意が必要です。気温や湿度が高い日は、調理時にもエアコンで室温を調整することと同時に、換気扇などを使用して換気を行うことが大切です。また調理方法や器具を工夫し、火を使わずに料理をすることも熱中症対策になります。お家時間に、熱中症の予防をしながら料理を作り、バランスよく食べることで、熱中症になりにくい体を作りましょう。

本日公開した「手軽でおいしい!火を使わない暑さ対策レシピ」では、管理栄養士の柴田真希先生が考案した、電子レンジや炊飯器を使用して作ることで熱中症の対策ができるだけでなく、暑い夏に効果がある栄養を手軽に摂ることのできる2種類をご紹介しています。 レシピページでは、作り方の手順も掲載していますので、手軽に作りたい昼食や、家族みんなで作る夕食など、様々なシーンでご活用ください。

左: 「夏野菜のレンチンドライカレー」

右:「にんにくごまダレのバンバンジー」

夏は暑さでキッチンに立つことが億劫になるほか、食が細くなり、自分の食べやすいものだけに栄養が偏りがちです。気温や湿度が高い日は火を使わないような調理方法・器具の工夫をしつつ、日ごろからバランスの良い食事を心がけて熱中症対策をしましょう!

■レシピ考案 管理栄養士プロフィール

柴田真希先生

管理栄養士 ㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。

女子栄養大学短期大学部卒業後、給食管理、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。 27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。 現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルティングや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。

柴田真希オフィシャルブログ「食卓を笑みでいっぱいに…」https://ameblo.jp/makitchen/

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。