みんなの力で熱中症をゼロにしよう

ニュース

2016.08.10熱中症ゼロへ
外国出身者の方々を対象に「日本の暑さに関する調査」を行いました

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、日本の夏(6?9月)を経験したことがある20?59歳の在留外国人男女200名を対象に「日本の暑さに関する調査」を実施しました。その結果、外国出身者の8割が日本の夏に「母国よりも」または「母国と同じくらい」過ごしにくさを感じていることが判明しました。

Q.日本の夏の過ごしやすさは、母国の夏と比べてどうですか? ※回答:n=200(全体)
tyousa_427

・・・調査結果の続きはこちらのページをご覧ください!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000013502.html

日本の高温多湿な夏を経験したことのない訪日旅行者などへは、特に「日本の夏は高温だけでなく多湿であり、暑さの感じ方や身体へのダメージに影響がある」という点を注意喚起していく必要があります。「熱中症ゼロへ」プロジェクトでは、引き続き多言語対応の熱中症対策リーフレットを作成・配布するなどの啓発活動を行ってまいります。

多言語版対応の熱中症対策リーフレットについてはこちらをご覧ください。
https://www.netsuzero.jp/news/20160705-3602.html