熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2016.07.25熱中症ゼロへ

仙台市で熱中症啓発セミナーを開催しました!

7月20日(水)に「気象予報士 篠原正が教える!宮城県オリジナル熱中症予防セミナー」と題した啓発セミナーを、仙台市生涯学習支援センターにて開催しました。

今回はNHK仙台放送局「てれまさむね」でお馴染みの篠原正気象予報士を講師にお迎えし、宮城は昔より暑くなったのか?など仙台の方々に向けたオリジナルの講義をしていただきました。

sendai

仙台市環境局様も、お土産に涼感タオルを配布されたり、熱中症対策×省エネといったパネル展示をされ、市民の皆さまは興味深く内容を見ていました。

篠原気象予報士は、“やませ“のもたらす影響や、都市化が始まる前の仙台の様子などをエピソードに交え、熱中症の予防について説明しました。

sendai2

参加者の皆さんは熱心にメモを取ったり、質問をされていました。
他の都市に比べると、これから本格的な暑さとなる東北地方ですが、暑くなる前から予防して健康に夏を過ごしましょう!

仙台市の皆さん、ご来場ありがとうございました!!

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。