熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2015.09.04熱中症ゼロへ

館林市内で開催の体育大会で、アクエリアスとアイスボックスを配布しました!

tatebayashi news_300

8月29日(土)館林市で行われたソフトボール大会で、熱中症予防の啓発活動を行いました。

この大会へのオフィシャルパートナー製品の提供は、今年で3回目となります。例年猛暑の心配をしていますが、大会当日は雨交じりの天気で気温も上がらず、子どもたちは元気に試合を行いました。

開会式では主催者が熱中症予防の声掛けを行うと共に、各チームへアイスボックスとアクエリアスを配布し、選手と保護者の方に喜ばれました。

この週末の天気予報は、雨マークが多くなっています。気温が低くても、湿度の高い環境だと、熱中症になるリスクが高くなりますので、9月の熱中症にも十分注意してお過ごしください。

(大会正式名称:第39回群馬県小学生総合体育大会兼 第29回上毛新聞社旗争奪ソフトボール大会)

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。