熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2015.08.26熱中症ゼロへ

夏の甲子園での熱中症対策を呼びかけました!

「熱中症ゼロヘ」プロジェクトは、2015年8月6日(火)から20日(木)まで阪神甲子園球場で開催された「第97回 全国高等学校野球選手権大会」において、スポーツ時の熱中症対策の啓発活動としてリーフレットの配布、啓発動画の放映を球場内で行いました。

球場内でのリーフレット配布時には日本気象協会の気象予報士も参加し、対策のポイントを説明するなど熱中症予防を呼びかけました。その場でリーフレットを見て、対策が出来ているかチェックする観客の方もいらっしゃいました。

暑さが峠を越えると油断しがちですが、少し涼しくなった後に再び気温が上昇することも多く、残暑も熱中症にかかる危険性があります。全国的に今後も厳しい暑さが予想されますので、スポーツをするとき・観るときは万全の熱中症対策をするようにしましょう。

150825_熱ゼロニュース_甲子園事後_2

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。