熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2014.04.01熱中症ゼロへ

「熱中症ゼロへ」プロジェクト活動スタート!

一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野克彦)は、昨年に引き続き、今年も「熱中症ゼロへ」プロジェクトの活動を展開いたします。
近年、平均気温の上昇や、高齢者の増加等に伴い、netsuzero_B-2熱中症の患者数は年々増加傾向にあります。この「熱中症ゼロへ」プロジェクト活動は、全国の自治体や民間企業などを巻き込みながら、熱中症に関する正しい知識と対策をより多くの方に知ってもらうことで、熱中症撲滅の輪を広めることを目的としています。
今年も多くの自治体の後援、多くの民間企業からの協賛・協力を受け、活動してまいります。また、「tenki.jp」の熱中症情報では、今後、ご協賛企業の協力をいただきながら、熱中症に関する有益な情報提供として、気象予報士によるコラムも展開していく予定です。

■「熱中症ゼロへ」プロジェクト2014年度(4月~9月)活動予定
・熱中症対策を楽しく、わかりやすく学ぶイベントを主催(6月予定)
・ポスター・リーフレット・うちわ・ぬり絵等の啓発ツールを企画制作・配布(夏季)
・熱中症に関する意識の高い自治体や企業と共同でのイベント出展やPR(夏季)
・当公式ウェブサイト( https://www.netsuzero.jp/)をリニューアル、熱中症対策のためのドクター等専門家の監修コンテンツや、熱中症について楽しく知ることができる対談企画など、コンテンツを随時更新

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。