熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2020.06.16熱中症ゼロへ協力自治体・協力団体

成田国際空港・関西三空港での熱中症予防啓発を開始しました

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは2020年度より成田国際空港・関西国際空港・大阪国際空港・神戸空港と連携し、各空港での旅行者・業務従事者向けに熱中症の予防啓発活動を実施中です。
成田空港では訪日外国人向けおもてなしアプリ「TABIMORI」と、AIチャットボット「Bebot」にて、熱中症予防・対策の呼びかけを6月から開始しています。
また、「熱中症ゼロへ」では2020年度、4言語に対応した多言語ポスターを作成し、成田国際空港・関西国際空港・大阪国際空港・神戸空港の4施設にて熱中症予防啓発を行っています。

「熱中症ゼロへ」多言語ポスター

■TABIMORI(成田国際空港)
「TABIMORI」アプリ内に「熱中症について」ページが新設されました。熱中症の症状、予防・対策、応急処置のポイントについて英語、中国語、韓国語、フランス語など9言語にて簡単にご紹介しています。日本の暑さに馴染みのない人にも、熱中症の危険性や取るべき対策を知ってもらうことができます。

・協力  :成田国際空港
・表示期間:2020年6月1日(月)以降通年
・DLリンク:https://apps.apple.com/jp/app/tabimori/id900354705(iOS App store)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.narita_airport.android.tabimori
(Google Play Store)

■Bebot(成田国際空港)
成田空港内で使えるスマートフォン向けAIチャットボット「Bebot」ユーザーへの熱中症啓発も開始しています。英語版サービスが立ち上がった最初の表示画面にて「heatstroke」のボタンが下部に表示され、「熱中症ゼロへ」の英語版サイトへ容易にアクセスすることが可能です。

 ・協力  :成田国際空港
 ・表示期間:2020年6月1日(月)~9月30日(水)

■多言語ポスター(成田国際空港・関西国際空港・大阪国際空港・神戸空港)
「熱中症ゼロへ」プロジェクトでは、熱中症予防と応急処置のポイントについてイラストと4言語(日本語、英語、中国語【簡体字】、韓国語)で解説した多言語ポスターを作成しました。成田空港では下記期間まで空港内に掲示されるほか、関西国際空港、大阪国際空港、神戸空港では業務従事者への注意喚起として使用されます。

 ・協力  :成田国際空港、関西国際空港、大阪国際空港、神戸空港
 ・掲示期間:2020年6月1日(月)~9月30日(水)
 ・対応言語:日本語、英語、中国語【簡体字】、韓国語

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは空港との取組みを通じて、日本を訪れる様々な方へ、空の玄関口から熱中症予防・対策の呼びかけを続けていきます。

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。