みんなの力で熱中症をゼロにしよう

ニュース

2017.01.16熱中症ゼロへ
20?30代は熱中症への危機意識が高まっている!40代が最も楽観的!

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、2016年10月に東京都、大阪府、福岡県、愛知県、兵庫県、宮城県の20?69歳の男女1,325名を対象に、「熱中症に関する意識・行動調査」を実施しました。

熱中症に関する危機感や変化について質問したところ、「昨年と比べて、危機感が高まったが行動は特に変化がない」と回答した方の割合が2015年と比べ、4.8%増加していることが分かりました。

Q.熱中症に関するあなたの危機感や変化について教えてください (n=1,258)

2017-01-16_1_600

また、この調査結果を年代別で見てみると、40代が最も熱中症に対して楽観的であるということが分かりました。「昨年と比べて、危機感が高まり行動が積極的になった」人の比率が最も多かったのは20代、最も少なかったのが40代でした。20?30代は昨年よりも危機感が高まっているのに対し、40代以上は昨年度よりも危機感が高まっていない人の方が多いという結果になりました。

Q.熱中症に関するあなたの危機感や変化について教えてください (n=1,258)

2017-01-16_2_600

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、今シーズンも熱中症への危機意識を高めてもらえるよう情報を発信していくとともに、危機感の高まりはあるものの行動に移せていない層に対し、具体的な予防行動を示していけるよう意識し、啓発活動を行っていきます。
また、「熱中症に関する意識・行動調査」に関する情報は、引き続き公開していきます。どうぞお楽しみに!