熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2016.09.08熱中症ゼロへ

「日本の暑さに関する調査」第2弾を発表しました!

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、日本の夏(6~9月)を経験したことがある20~59歳の在留外国人男女200名を対象に「日本の暑さに関する調査」を実施しました。8月10日に調査結果の第1弾を公開しましたが、本日は第2弾のお知らせです!

外国出身者に日本で熱中症の症状を経験したことがあるかという質問をしたところ、「熱中症を経験したことがある」という回答が、全体の75.5%を占める結果となりました。

Q.あなたは日本の夏の時期(6~9月)に、次のような熱中症の症状*を経験したことはありますか?
熱中症経験グラフ

続きはこちらをご覧ください。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000013502.html

なお、今回の調査結果は当サイト内の「熱ゼロ研究室」でも近日公開予定です。
9月になっても残暑が続きますので、引き続き熱中症対策を怠らないようにご注意ください!

★第1弾の調査結果はこちら
外国出身者に聞いた「日本の暑さ」に関する調査 第1弾
https://www.netsuzero.jp/netsu-lab/lab04

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。