みんなの力で熱中症をゼロにしよう

「熱中症ゼロへ」関連ニュース「熱中症ゼロへ」関連ニュース

ニュース詳細

2016.07.19熱中症ゼロへ

7月の三連休は九州地方、中部地方でのイベントを開催しました!

◆三連休初日は福岡でイベントを開催!

7月16日(土)に「環境省×熱中症ゼロへ」楽しく学ぼう!熱中症予防!!と題した啓発イベントを、福岡市役所前ふれあい広場北側緑地(九州広場)にて開催しました。
屋外の会場だったため、快晴で蝉の鳴く中、ミストシャワーの設置やうちわの配布が大変喜ばれました。

テントの下では、日本気象協会の新(あたらし)気象予報士がワークショップ形式の楽しい勉強会を開催しました。参加者の皆さんには、「先週はこうだったかな?」「いつもこの予防はしていないよね」など、自分の行動を振り返ってワークシートにシールを貼ってもらいました。

fukuoka_1

熱中症予防理解&アクションコーナーでは、クイズに答えていただいた方に、ドリンクや「ハローキティコラボオリジナル温度計&フォトフレーム暑中見舞い」を配布したほか、熱中症予防コーナーではキティパネルと一緒に和傘をさしての記念撮影も行いました。

福岡市の皆さん、ご来場ありがとうございました!!fukuoka_2

◆二日目は愛知県尾張旭市で五大都市セミナーを開催!

三連休2日目は、愛知県尾張旭市 スカイワードあさひ ひまわりホールにて、「尾張旭市×熱中症ゼロへ」共催の熱中症対策セミナーを開催しました。尾張旭市では、あさひ健康マイスターの一環として取り扱っていただき、健康意識の高い約80名の市民の皆さまにお集まりいただきました。

owariasahi

講師には日本気象協会所属のNHK「まるごと山梨」気象キャスター、石榑亜紀子気象予報士を迎え、まずは写真いっぱいのスライドで気象予報士の一日をご紹介しました。普段目にすることの少ない、テレビ局の気象キャスターの様子を、皆さん興味深く聞いていました。

なぜ、気象予報士が熱中症予防を呼びかけるのか、どうすれば防げるのか、ということを交えながら、「なぜ、愛知県はこんなに暑いの?」「愛知県の盆地のような地形がもたらす暑さとは?」といった、ご当地ならではの内容を解説しました。

セミナー中は、石榑亜紀子気象予報士が客席へ直接インタビューしたり、クイズ形式にして皆さんに参加を楽しんでいただきながら講演し、最後まで笑い声の絶えないセミナーとなりました。セミナー終了後は、尾張旭市職員の方が一枚一枚お名前を入れてくださった受講証と、熱中症対策アイテムのお土産をお持ち帰りいただきました。

尾張旭市の皆さん、ご来場ありがとうございました!!owariasahi2