みんなの力で熱中症をゼロにしよう

ニュース

2014.07.28後援・協力団体
福岡市では熱中症予防啓発のイベントを続々開催!

 

「熱中症ゼロへ」の後援自治体である福岡市では、この夏、熱中症予防啓発のとりくみが続々と行われています。

■熱中症予防街頭キャンペーン
7月1日には、通勤時間帯の西鉄福岡(天神)駅周辺で、熱中症予防の呼びかけや予防啓発グッズの配布を行うキャンペーンが実施されました。
市の職員の方は「梅雨明けの時期はまだ体が暑さに慣れておらず、熱中症になりやすいため注意を呼びかけた。熱中症は重症化すれば命に関わる事もある反面、正しい知識があれば未然に防ぐ事ができるのでfukuoka、今後も様々な取り組みを通して熱中症の予防を呼びかけていきたい。」と語りました。「熱中症ゼロへ」を推進する日本気象協会からも、テレビでおなじみの気象予報士3名が参加。また、福岡市環境シンボルキャラクターの「エコッパ」も登場して、みんなで熱中症予防を呼びかけました。

■打ち水リレー
さらに7月29日には、暑い夏を涼しく過ごす工夫、ヒートアイランド現象を和らげる「打ち水」の普及啓発を図るイベントが開催されます。天神地区と博多地区で同時開催され、天神と博多が“打ち水リレー”でつながれます。天神地区で15:30から行われるステージイベントには、日本気象協会の松井気象予報士も出演。「福岡黒田武将隊」など他の出演者とヒートアイランドについて語り合うなど、イベントを盛り上げます。
お近くの方はぜひ打ち水リレーに参加して、昔ながらの知恵で福岡の街を涼しくしてみてくださいね。

■天神打ち水大作戦×博多ひ?んやり!打ち水
日時:7月29日(火) 天神地区:15:30?、博多地区:18:15?
会場:天神周辺、博多駅周辺
主催: We Love 天神協議会、博多まちづくり推進協議会、福岡市
詳細: http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/ondan/opinion/utimizu2014.html