屋内外での部活動などに設置しやすい仕様です。
屋内・屋外切り替え付き!
熱中症リスクを可視化して熱中症対策に活用しましょう!
黒球付熱中症計を日本全国
100か所の学校にプレゼント!
「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、熱中症で亡くなるかたをゼロにするため、7年前から熱中症予防アクションの普及に努めてきました。

今年は、授業や部活動などで熱中症になる危険性がある学生の予防にお役立ていただけるよう、WBGT値が計測できる黒球付熱中症計を、日本全国100か所の学校にプレゼントします!
応募条件
・日本全国の小学校・中学校・高等学校(特別支援学校を含む)にお勤めの【教職員の方】からの応募に限らせていただきます。

・ご当選校には、黒球付熱中症計を1台お送りします。

・お手元に届いた後、活用状況などがわかる報告レポートを必ずご提出いただきます。
応募はこちら

「熱中症ゼロへ」プロジェクトについて

「熱中症ゼロへ」とは熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して一般財団法人日本気象協会が2013年から推進するプロジェクトです。熱中症は、正しく対策をおこなうことで防ぐことができます。

熱中症計を使うと、本当に熱中症予防につながるの?

岐阜県多治見市の中学校では、2018年の夏、携帯型熱中症計を使って、熱中症危険度の確認をこまめにおこなうことで、教員や生徒の熱中症予防への意識が高まり、熱中症になる人をゼロにすることができました。

このように、今自分たちのいる場所が、どのような環境であるのかを知ることは、熱中症の予防につながります。

今回、「熱中症ゼロへ」プロジェクトでは、授業や部活動などで熱中症になる危険性がある学生や先生の皆様の熱中症予防にお役立ていただけるよう、気温・湿度・WBGT値(暑さ指数)を計測できる黒球付熱中症計を、日本全国100か所の学校にプレゼントします。

黒球付熱中症計は、気温・湿度・WBGT値(暑さ指数)の表示だけでなく、日本気象協会が監修した危険度ランクによる注意喚起も行います。また、WBGT値については、その値の見方の説明も付けておりますので、誰でも簡単にその場の熱中症危険度がわかります。

※カラーコーンは含まれません