熱中症ゼロへ 熱中症ゼロへ

みんなの力で熱中症を
ゼロにしよう

協力団体のご紹介協力団体のご紹介

公益財団法人 日本ゲートボール連合

Web
http://gateball.or.jp/Outbound Link

コメント

1947年、北海道芽室町で考案された日本発祥のチームスポーツ「ゲートボール」。
本連合は日本のゲートボール界をリードし、代表する団体として各種事業を実施しております。主に夏季大会での熱中症対策として、参加者へのペットボトル飲料配布、ミストシャワー設置、スタッフの見回りと声掛け、会場内に医師看護師が常駐し迅速に対応しています。
ゲートボールは年齢や性別、体力差に関わらず誰もが同じフィールドで一緒に楽しめるユニバーサルスポーツです。私たちはその価値を広く皆様に提供するため、社会に向けて発信を続けてまいります。

オフィシャルパートナー
「熱中症ゼロへ」とは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクトです。
熱中症は、正しく対策をおこなうことで防げます。私達は、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核により積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。
一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。